名古屋キャンピングカーフェア2019に行ってきました

名古屋キャンピングカーフェア2019にいってきました。
ポートメッセなごやに9時前ぐらいについたら、駐車場待の渋滞にびっくりしたけど、なんとか施設に隣接しているところに停めることができてよかった。

入場が10時なので、9時につければ最初の方で入場できるだろうと思っていたら、なんと400人ぐらいの長蛇の列ができてて予想が外れた!そして、前日券を買ってなかったので、当日券を購入しようとしたら、発売は9時半からという意味不明なシステム。30分ぐらい当日券売り場の前でボーッと待ち、入場の待機列はどんどんと長くなっていった。

30分近く待って、やっとの事で当日券を手に入れ、入場の待機列に並び、途中から降ってきた雨にうたれて会場のモギリまできたら、、、、あれ?これキャンピングカーフェアじゃない?

と、いうことで、今まで長蛇の列に並んでいたのは、隣の会場で行われていたフィッシングイベントでした。。。それにしても、釣りのイベントであんなにも人が集まるとはビックリ。

さて、正しい会場に行ってみたら、会場15分前ぐらいだったけど、先頭から200人ぐらい、50mも続かないぐらいの列でちょっと安心。そして、釣りの長蛇の列を思い出してちょっと寂しさを感じてしまった。

キャンピングカーフェアを見てきて感じたのはざっと箇条書きで。

  • 3年ぐらい前に行ったときより軽キャンパーの車が多い。前は5%以下ぐらいだったけど、今回は20%ぐらいあった気がする
  • 大手ビルダーが多くて、こじんまりとした所は全然いなかった。前はざっくばらんにいたんだけどなぁ。
  • 昔に比べてハイエースの4ナンバーサイズの車が少なく、1、8ナンバーの方が多くなってた。
  • 現役働いてるファミリー層より、引退して旅を楽しむシニア層のお客さんが断然多い。
  • マイチェンで値段が毎回上がるハイエースを架装したキャンピングカーの値段が比例して高くなっている。
  • だいたい、400万円台はほとんどなく、ガソリン2駆で480万~。オプションつけたら520万オーバー(車両諸経費含まず
  • それを察して、日産バレッタ、マツダボンゴフレンディベースのキャンピングカーが多くなってた。
  • 軽キャンパーはだいたい300万ぐらい

と、こんな感じで。
今乗ってるハイエース4型を追加架装して2段ベッドにしたり、車両諸経費コミコミで450万ぐらいの2段ベッドの車を探しに行ったけど、全然マッチするイベントじゃなかったかなー。

以下は適当に撮ってきた写真を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください