メインマシンにNVIDIA GeForce GTX 1660Tiを追加

今まで使っていたRadeon RX560をサブマシンに載せることになったので、メインマシン用に新しいグラフィックカードを買ってみました。最初は2060とかにしようと思ってたんだけど、購入する機会を伺っていたら、NVIDIAから新しいチップの1660が発表され、ブログやyoutubeなどでコストパフォマンスが絶賛だったので、こっちにしました。



グラフィックカードは玄人志向のGF-GTX1660Ti-E6GB/DF
乗ってるチップはGeForce GTX 1660Tiです。2019年の3月ぐらいから出回ってるチップで値段とスペックのコストパフォマンスがとても良いと評判のやつです。

出力端子はHDMI、DP、DVIがそれぞれ1個ずつ。で、冷却ファンはダブルです。

FF15ベンチの新旧グラフィックカードのやつです。


旧:Radeon RX 560 4GBで標準品質の3840×2160フルスクリーン。スコアは1033、評価は動作困難


新:GeForce GTX 1660 Ti 6GBで標準品質の3840×2160フルスクリーン。スコアは3175、評価は普通

ベンチ結果は断然1660Tiが上ですが、実際の画質や見た感じはRadeonの方が好みだったかも。NVIDIAのは色がシャープすぎるというか、なんかハッキリ感がでていて、Radeonのちょっと色鮮やかさのほうが気に入ってました。

とりあえ、これでApex LegendsがPCで遊べるので楽しみです。あ、サブマシンは息子のフォートナイト専用機になりそうです。

メインマシンのスペックを変更
わたしの自作メインPCのスペック

名古屋キャンピングカーフェア2019に行ってきました

名古屋キャンピングカーフェア2019にいってきました。
ポートメッセなごやに9時前ぐらいについたら、駐車場待の渋滞にびっくりしたけど、なんとか施設に隣接しているところに停めることができてよかった。

入場が10時なので、9時につければ最初の方で入場できるだろうと思っていたら、なんと400人ぐらいの長蛇の列ができてて予想が外れた!そして、前日券を買ってなかったので、当日券を購入しようとしたら、発売は9時半からという意味不明なシステム。30分ぐらい当日券売り場の前でボーッと待ち、入場の待機列はどんどんと長くなっていった。

30分近く待って、やっとの事で当日券を手に入れ、入場の待機列に並び、途中から降ってきた雨にうたれて会場のモギリまできたら、、、、あれ?これキャンピングカーフェアじゃない?

と、いうことで、今まで長蛇の列に並んでいたのは、隣の会場で行われていたフィッシングイベントでした。。。それにしても、釣りのイベントであんなにも人が集まるとはビックリ。

さて、正しい会場に行ってみたら、会場15分前ぐらいだったけど、先頭から200人ぐらい、50mも続かないぐらいの列でちょっと安心。そして、釣りの長蛇の列を思い出してちょっと寂しさを感じてしまった。

キャンピングカーフェアを見てきて感じたのはざっと箇条書きで。

  • 3年ぐらい前に行ったときより軽キャンパーの車が多い。前は5%以下ぐらいだったけど、今回は20%ぐらいあった気がする
  • 大手ビルダーが多くて、こじんまりとした所は全然いなかった。前はざっくばらんにいたんだけどなぁ。
  • 昔に比べてハイエースの4ナンバーサイズの車が少なく、1、8ナンバーの方が多くなってた。
  • 現役働いてるファミリー層より、引退して旅を楽しむシニア層のお客さんが断然多い。
  • マイチェンで値段が毎回上がるハイエースを架装したキャンピングカーの値段が比例して高くなっている。
  • だいたい、400万円台はほとんどなく、ガソリン2駆で480万~。オプションつけたら520万オーバー(車両諸経費含まず
  • それを察して、日産バレッタ、マツダボンゴフレンディベースのキャンピングカーが多くなってた。
  • 軽キャンパーはだいたい300万ぐらい

と、こんな感じで。
今乗ってるハイエース4型を追加架装して2段ベッドにしたり、車両諸経費コミコミで450万ぐらいの2段ベッドの車を探しに行ったけど、全然マッチするイベントじゃなかったかなー。

以下は適当に撮ってきた写真を。

メインマシンのCPUをi7-7700に変更

4K動画を編集したくて、今までのCPUだとエンコードに時間がかかり過ぎるので、メインマシンのCPUをIntel i7-7700@3.6GHzに変更しました。

今まで使っていた、i5-6500のCINEBENCH R15の結果
OpenGL : 101.98 fps
CPU : 524 cb

そして、今回変更した i7-7700のCINEBENCH R15の結果
OpenGL : 116.dd fps
CPU : 808 cb

結果を比較するとOpenGLに関しては10%ぐらいアップ、CPUに関しては154%ぐらいになってる。約1.5倍かな。

CPU-Zの結果

CPU-Zのストレステストで10分作動させても、60度ぐらいで頭打ちになってるので発熱は今の所大丈夫かな。

DaVinci Resolve 15 初回起動時に MinGW Runtime Assertion エラーで起動しない。が、解決!

動画編集ソフトのDaVinci Resolve 15を使ってみたくて、メインマシンにインストールしてみたんだけど、初回起動時にMinGW Runtime Assertion のエラーが表示されて、それ以降起動しなくなる現象が発生していたけど、なんとか解決できた。

インストールした環境は Windows10 Home、CPUはIntel Core i5 6500、GPUはRadeon RX560

“davinci resolve mingw runtime assertion”で、ググると海外のサイトでも同じ現象で困ってる人がいた。

当初は、DaVinciの公式サイトからメールで問い合わせてみたら、以下の公式ブログ記事を参照してみたら?と返信があったのだけど、この記事の通りWindows再インストール以外を試してみたけど解決しなかった。

DaVinci Resolveが立ち上がらない、インストールできないときに試してみたい7項目

その後、自分で色々調べた結果、原因だったのは、Intelのグラフィックドライバーのようで、DDU(Display Driver Uninstaller)というツールを使って、Intelのグラフィックドライバーを削除することで、無事DaVinci Resolveが起動することができました。

参考にしたサイト
Print view Resolve 15.1 MinGW Runtime Assertion
【保存版】厄介なグラボのドライバは削除ソフト「DDU(Display Driver Uninstaller)」で一発解決!

カメラの購入候補を決めた

ミラーレスカメラが欲しくていろいろ調べてみたんだけど、フルサイズミラーレスはカメラ初心者がいきなり購入するには敷居も価格も高いことがわかってきた。購入候補となっていたソニーのα7IIIだとボディだけで税込み25万で、F値が小さい単焦点レンズを合わせると余裕で30万オーバーになってしまう。無理して購入しても、カメラ自体に飽きて使わなくなったらとんでもない出費になってしまう。そう考えると、フルサイズではなく、APS-Cやフォーサーズにして、価格帯を下げてみようと思った。

9月に入って、ニコン、キャノンもフルサイズミラーレスに参入してカメラ界隈が賑わってきたので、情報が錯綜して調べるのも大変だったが。

そこで、購入候補の最上位に踊りだしてきたのがPanasonic Lumix G9 PRO
[amazonjs asin=”B077HKWP63″ locale=”JP” title=”Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G9 ボディ ブラック DC-G9-K”]

発売は2017年後半から2018年初旬で、発売当初はライカの望遠レンズ付きで30万ぐらいだったのだが、今年の5月あたりから価格が下がり始めて、8月末には21万ぐらいまで落ちてきている。このライカの望遠レンズ単体は8万ぐらいで売られているので、実質ボディだけで13万ぐらいの価格になっている。性能も素晴らしく、兄弟機?のGH5の動画録画性能には劣るけど、あそこまでの性能は個人で使うには必要ないと思う。4K動画の連続撮影時間が30分となっているが、それ以上続けて録画するとファイルサイズが30GBとか超えて、編集するのにパソコンのCPU、グラフィックカードへの投資が更に必要となってしまいそうだ。

ソニーα7IIIと比べると、センサーサイズはフォーサーズなので小さいが、フルサイズセンサーで撮って、何でもかんでもぼかす必要もないし、ボディのサイズが手で握るとちょうどいいサイズでした。α7IIIは握るとちょっと小指がはみ出てしまい、安定性に不安が。。。

G9はオートフォーカスが合うのがとても早く、チョロチョロと動き回る子どもたちを撮るのには適してると思った。

購入するカメラは決まったので、あとは実機を触りまくって値段交渉して購入するのみ!

一眼レフもしくは、ミラーレス一眼のデジカメが欲しくなってきた

車が趣味だし、ドライブに出かけて車を撮ってみたい衝動にかられ、子供も成長期で小さいときの思い出として残しておきたい、でも、今までカメラなんてこだわってこなかったし、ぶっちゃけiPhoneで手軽に写真撮れるから、カメラなんていらない。と思ってたけど、ムクムクとカメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼)がほしい病になってきた。

目的意識を明確にせずに買うと、あとで後悔しそうなので、自分がカメラをほしいと思った目的と、それに対する選定理由をまとめてみようと思う。

利用目的

・M2の車載動画を綺麗な映像で音声もある程度こだわって撮りたい
・子供が小学生、幼稚園児なので、せっかくなら子供のスナップ写真も撮りたい

カメラを決める

・レンズ取替え可能な方が、レンズを資産として残せるのでミラーレス、一眼のほうが良いのでは?
・でも、それで探すとボディ、レンズで最低でも税込み25万オーバーじゃない?
・今までカメラにこだわったことない初心者なので、出せても20万までじゃないか?理想は12~17ぐらい。
・一眼を新商品で30万、型落ちで15ぐらいで買うなら、ネオ一眼にしてみる?
・ネオ一眼のSONY DSC-RX10M4は凄く良いけど、やっぱりでかいし(1キロ超え)、レンズ一体型だから持ち運びめんどくさそう。
・持ち運び考えたら、高級コンデジになっちゃう?でも、コンデジ(SONY RX100M6)でも10~13万とかするよね。。。

購入候補

ミラーレス (無限にお金があれば)

・SONY α7M3 レンズキットで28ぐらい?
[amazonjs asin=”B07B49TM91″ locale=”JP” title=”ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3″]
・Panasonic DC-GH5 レンズキットで25ぐらい?
[amazonjs asin=”B01NAWQJ8E” locale=”JP” title=”Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5 ボディ ブラック DC-GH5-K”]

ミラーレス (予算を抑えて型落ち?)

・SONY α7M2 でも、これだと4K動画が撮れないよね
[amazonjs asin=”B00PVHO6O8″ locale=”JP” title=”ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2″]
・Panasonic LUMIX DC-GX7MK3 ライカレンズキットで14万ぐらい
[amazonjs asin=”B079SYRWVG” locale=”JP” title=”Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK3 ボディ ブラック DC-GX7MK3-K”]

ミラーレス (現実的にだせるお金で)

・SONY α6500 レンズキットで実売15ぐらい? ボディのみ中古で10
APS-Cなので、フルサイズと比べると画質、ボケがだせないよね。でも、そのボケほんとに必要?と言われそうw
[amazonjs asin=”B01MG8FE20″ locale=”JP” title=”ソニー デジタル一眼カメラ「α6500」ボディSONY α6500 ILCE-6500″]

ネオ一眼

・SONY DSC-RX10M4 実売14ぐらい?
600mmの望遠は非常に魅力的なんだけど、1キロちょっと超えの重さを気にして、手軽に持ち歩けないよねぇ・・・。このズームなら運動会でもバッチリ活躍できそうだけど。
[amazonjs asin=”B075NCK1W2″ locale=”JP” title=”ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX10M4″]

とりあえずのまとめ

とりあえず、ざざっと思考をまとめて、購入候補を目的と出せる予算を検討して実際のカメラ選定候補を出してみた。この、ものを買う前の考えてる時間が一番楽しいんですけどね。

あとは、実機を触りに行って店員さんに話を聞きながら、購入候補を詰めていこうと思います。

iPad Proが待ちきれなくて、Surface Goを買ってしまった

本当はLTE機能がついた、iPad Proを買う予定だったんだけど、9月の新機種発表まで待てなかったし、外出先でメールやエクセルの編集が必要になるので、どうせなら、Windows端末にしてしまおう。と思って、電気屋に立ち寄ったら丁度Surface Goの発売日であり、初回ロット入荷数が凄く少なく、あとで買いたいと思った時に、在庫入荷待ちで一ヶ月も待つのが嫌だったので、衝動的に買ってしまった。

それに、飽きたり、やっぱりiPad Proが欲しくなったら、メルカリにでも出品すればいいや。と思ったりもした。

購入したのは、容量が128GBでメモリ8GB版の方。どうせならフルスペック版にしておいたほうが後で後悔しないと思って買いました。体感でeMMCとSSDの速度差ってわかるのかなー?搭載メモリはchromeでタブを沢山開くと顕著に遅くなるので体感できるけど。ファイルの転送速度とかなどうかなー?

セットアップ

  • 液晶保護フィルム装着 (ELTD ガラスフィルム 日本旭硝子製)
  • 背面保護シート装着 (ビザビ 傷修復本体保護フィルム OverLay Magic)
  • サクッとWindows Sモードから脱出
  • Microsoft Officeのライセンス登録
  • 普段使ってるアプリをインストール
    • chrome
    • Google日本語入力
    • Evernote
    • Executor (ランチャーアプリ)
    • Dropbox
    • あふw (ファイラー)
  • Caps LockをCTRLに変更
  • 無変換、変換でIMEのOn/Off 切替え

使ってみて良かった点

  • キーボードカバーをつけても軽いし、カバーを閉じたときにiPadみたいに段付きがない。
  • Windows環境を気軽に持ち歩ける。
  • カバーキーボードの打鍵が思ってたよりも打ちやすかった。

使ってみて良くなかった点

  • やっぱり、アプリの動作がもっさり。chromeで新規のタブを作成したりすると引っかかる感じがする。
  • 液晶がiPadと比べると鮮やかさで劣っている。
  • タブモードで使うアプリ、ツールがないので、キーボードカバー必須。というか、これをタブレットとして使う人いるのかな?
  • タイプカバーを開いたら、電源ONにして欲しい。
  • タブとして使わないけど、カバーを後ろに回したときにキーが当たる?のが気になる。

わたしのPCで仮想通貨をマイニング その3

PCケース・電源ユニット購入

前回の記事で書きましたが、購入したグラフィックボードが装着できないので、新しくPCケースと電源ユニットを購入しちゃいました。やっぱり、ミドルタワー以上のケースがないと拡張性がなくて駄目ですね。今後の事も考えて、静音性とメンテナンスを重視したものにしました。

PCケース fractal design DEFINER5
電源ユニット cooler master V750 SEMI-MODULAR

[amazonjs asin=”B00Q2Z11QE” locale=”JP” title=”Fractal Design ミドルタワー型PCケース(Black Pearl) FD-CA-DEF-R5-BK”]
[amazonjs asin=”B00K1877JS” locale=”JP” title=”CoolerMaster 80PLUS GOLD認証 750W電源ユニット V750 Semi-Modular (型番:RS750-AMAAG1-JP)”]

電源ユニット箱正面

電源ユニット箱裏面

電源ユニット背面

組立て

電源ユニットをケースにぶち込んで、マザボ、ケーブル関連を配線しました。
CPUへの4ピン×2個をマザボに差し込むのにすごい苦労しました。あれ、なんとかならなかったのかな?

机の側板の黒とケースの色がかぶっててわかりづらいですが、とてもカッコイイ。
あ、ちなみに、無線LANアダプタをケース上部のUSB端子に移動させましたが、グラフィックボードでマイニングを走らせると、やっぱりノイズで無線LANの接続が切れてしまうので、有線LANケーブルの7メートルのものを買ってきて、ルータから有線接続に切り替えました。

MinerGateでマイニング

ケース・電源ユニットを新調して、購入したグラフィックボードも取り付けて、MinerGateでマイニングしてみました。RADEON RX560では低消費電力(34W)でハッシュレートは298H/sぐらいを安定して出してくれるみたいです。

さて、次は取り付けたグラフィックボードをafterburnerでチューニングしてみましょうかね。

わたしのPCで仮想通貨をマイニング その2

“安いグラフィックボードを装着してみた編”

やはり、グラフィックボードなしの状態でマイニングをしてみても、消費する電力には勝てず、なんらかのテコ入れ(パーツ投入)が必要だと感じました。

とりあえず、なんらかの?と言ってますが、必要なパーツは1つしかなく、それはもちろんグラフィックボードです。では、どの種類のチップが乗ったグラフィックボードを購入しようか考えたのですが、いきなり初期投資で10万もつぎ込むわけにもいかず、ミドルレンジモデルを買おうかと思ったのですが、それでも、5万ぐらいは必要になります。

で、結論としては、いま使っているPC電源も300Wぐらいと小さいので、お値打ちなボード、そして、マイニングする通貨はMonero/XMRと決め打ちして、チップの種類はAMDのRADEON。消費電力量も少なく、価格も安いRX560に決めました。

あとは、グラフィックボードのメーカーなのですが、最初は SAPPHIRE PULCE RADEON RX560 4G GDDR5 VD6353 SA-RX560-4GD5001 にしようと思ったんですが、amazonで21,000円ぐらい。でも、同じRX560を積んでいる MSI Radeon RX560 AERO ITX 4G OC VD6359 こちらが同じくamazonで12,500円ぐらいだったので、こちらにしました。

[amazonjs asin=”B0722XP9YH” locale=”JP” title=”SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 グラフィックスボード VD6353 SA-RX560-4GD5001″]

[amazonjs asin=”B072FRHRNQ” locale=”JP” title=”MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359″]

さて、amazonで購入したグラボが届いたので、PCケースを開けてつけてみたのですが、わたしの今使っているケースはロープロファイル専用のケースだった。。。

MSI_RADEON_RX_560_front
MSI_RADEON_RX_560_front

MSI_RADEON_RX_560_front_inner
MSI_RADEON_RX_560_front_inner

PCIスロットに刺さることは刺さったんですが、PCのケースが閉めれません、とりあえず、動作テストということで、ケースは開けた状態でマイニングしてみました。

あれ?

一瞬GPUでマイニングできるんですが、CPU,GPU共にマイニングが停止してしまいました。
色々とググって調べてみると、GPUをフルで動作させると、ノイズが発生して、USBに接続している無線LANコネクタに異常を発生させてしまっているようです。

マイニングPCが無線LAN接続できない!グラボが出すノイズが原因だったよ

困った、、、せっかくグラフィックボードを購入したのに、ケースが閉められないし、無線LANも接続できない、、、

ということで、つづく。

わたしのPCで仮想通貨をマイニング その1

“何も考えず、今あるパーツ状態でマイニング編”

11/30 仮想通貨界で大暴落があった日、わたしはふと目に止まった雑誌 DOS/V POWER REPORTで特集されていた、仮想通貨をマイニング記事を読んで、メインマシンでマイニングを初体験していたのでした。

ウォレットはconincheck、マイナーはMinerGate、選択した通貨はグラフィックボードを全く搭載していない、わたしのPCではモネロ(Monero/XMR)しか選択肢はなかった 笑

intel Core i5 6500@3.2GHz の非力パワーでのハッシュレートは80~100H/sという、ゴミレベルしかでませんが、時間と共に微増する(ほんとに微増)するUNCONFIRMED BALANCEをみてると楽しいです。

ちなみに、このハッシュレート値で1日(24時間)XMRを採掘すると、シミュレーションでは0.00124XMRになります。これを2017/12/01 20:00時点での価値(20,361JPY)で計算すると

0.00124 x 20,361 = 25.247円

と、なります。1日採掘して25円。そして、PC電源が接続されているコンセントにワットチェッカーを挟み込んで、1日の消費電力量に応じた電気代をみてみると、、、、約48円

25 – 48 = -23円

ということで、マイニングの停止ボタンをポチッと押すことになりました 笑

さすがに何も対策ぜず、GPUも刺さずに仮想通貨をマイニングしても電気代分にも稼げないことになりました。

さて、ちょっくらグラフィックボード買ってくるわ! ・・・・・つづく。