わたしのPCで仮想通貨をマイニング その2

“安いグラフィックボードを装着してみた編”

やはり、グラフィックボードなしの状態でマイニングをしてみても、消費する電力には勝てず、なんらかのテコ入れ(パーツ投入)が必要だと感じました。

とりあえず、なんらかの?と言ってますが、必要なパーツは1つしかなく、それはもちろんグラフィックボードです。では、どの種類のチップが乗ったグラフィックボードを購入しようか考えたのですが、いきなり初期投資で10万もつぎ込むわけにもいかず、ミドルレンジモデルを買おうかと思ったのですが、それでも、5万ぐらいは必要になります。

で、結論としては、いま使っているPC電源も300Wぐらいと小さいので、お値打ちなボード、そして、マイニングする通貨はMonero/XMRと決め打ちして、チップの種類はAMDのRADEON。消費電力量も少なく、価格も安いRX560に決めました。

あとは、グラフィックボードのメーカーなのですが、最初は SAPPHIRE PULCE RADEON RX560 4G GDDR5 VD6353 SA-RX560-4GD5001 にしようと思ったんですが、amazonで21,000円ぐらい。でも、同じRX560を積んでいる MSI Radeon RX560 AERO ITX 4G OC VD6359 こちらが同じくamazonで12,500円ぐらいだったので、こちらにしました。

[amazonjs asin=”B0722XP9YH” locale=”JP” title=”SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 グラフィックスボード VD6353 SA-RX560-4GD5001″]

[amazonjs asin=”B072FRHRNQ” locale=”JP” title=”MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359″]

さて、amazonで購入したグラボが届いたので、PCケースを開けてつけてみたのですが、わたしの今使っているケースはロープロファイル専用のケースだった。。。

MSI_RADEON_RX_560_front
MSI_RADEON_RX_560_front
MSI_RADEON_RX_560_front_inner
MSI_RADEON_RX_560_front_inner

PCIスロットに刺さることは刺さったんですが、PCのケースが閉めれません、とりあえず、動作テストということで、ケースは開けた状態でマイニングしてみました。

あれ?

一瞬GPUでマイニングできるんですが、CPU,GPU共にマイニングが停止してしまいました。
色々とググって調べてみると、GPUをフルで動作させると、ノイズが発生して、USBに接続している無線LANコネクタに異常を発生させてしまっているようです。

マイニングPCが無線LAN接続できない!グラボが出すノイズが原因だったよ

困った、、、せっかくグラフィックボードを購入したのに、ケースが閉められないし、無線LANも接続できない、、、

ということで、つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください