名古屋キャンピングカーフェア2019に行ってきました

名古屋キャンピングカーフェア2019にいってきました。
ポートメッセなごやに9時前ぐらいについたら、駐車場待の渋滞にびっくりしたけど、なんとか施設に隣接しているところに停めることができてよかった。

入場が10時なので、9時につければ最初の方で入場できるだろうと思っていたら、なんと400人ぐらいの長蛇の列ができてて予想が外れた!そして、前日券を買ってなかったので、当日券を購入しようとしたら、発売は9時半からという意味不明なシステム。30分ぐらい当日券売り場の前でボーッと待ち、入場の待機列はどんどんと長くなっていった。

30分近く待って、やっとの事で当日券を手に入れ、入場の待機列に並び、途中から降ってきた雨にうたれて会場のモギリまできたら、、、、あれ?これキャンピングカーフェアじゃない?

と、いうことで、今まで長蛇の列に並んでいたのは、隣の会場で行われていたフィッシングイベントでした。。。それにしても、釣りのイベントであんなにも人が集まるとはビックリ。

さて、正しい会場に行ってみたら、会場15分前ぐらいだったけど、先頭から200人ぐらい、50mも続かないぐらいの列でちょっと安心。そして、釣りの長蛇の列を思い出してちょっと寂しさを感じてしまった。

キャンピングカーフェアを見てきて感じたのはざっと箇条書きで。

  • 3年ぐらい前に行ったときより軽キャンパーの車が多い。前は5%以下ぐらいだったけど、今回は20%ぐらいあった気がする
  • 大手ビルダーが多くて、こじんまりとした所は全然いなかった。前はざっくばらんにいたんだけどなぁ。
  • 昔に比べてハイエースの4ナンバーサイズの車が少なく、1、8ナンバーの方が多くなってた。
  • 現役働いてるファミリー層より、引退して旅を楽しむシニア層のお客さんが断然多い。
  • マイチェンで値段が毎回上がるハイエースを架装したキャンピングカーの値段が比例して高くなっている。
  • だいたい、400万円台はほとんどなく、ガソリン2駆で480万~。オプションつけたら520万オーバー(車両諸経費含まず
  • それを察して、日産バレッタ、マツダボンゴフレンディベースのキャンピングカーが多くなってた。
  • 軽キャンパーはだいたい300万ぐらい

と、こんな感じで。
今乗ってるハイエース4型を追加架装して2段ベッドにしたり、車両諸経費コミコミで450万ぐらいの2段ベッドの車を探しに行ったけど、全然マッチするイベントじゃなかったかなー。

以下は適当に撮ってきた写真を。

わたしのBMW M2 納車日が決まりました

待ちに待った、BMW M2の納車日が決まりました。

2017年 12月03日です。

わーい、来週末です。

車両保険の切替作業がまだなので、早く手続きしておかないとね。あと、自宅目の前の駐車場も契約しなくては。

車載動画撮る用に激安アクションカメラのMUSONは用意してあるので、早く車が届くのが待ち遠しいです。

 

わたしのBMW M2の納車日がだいたい決まりました

わたしのBMWのM2の納車日がだいたい決まりました。

船便を調べてたときには2017年内の納車はないかな?と思っていたのですが、11月の中頃に日本の千葉に陸揚げされているそうです。それを整備して、購入したディーラーに陸送されて車検を受けられるのに大体10日ぐらいなので、早くて11月最終の日曜日、もしくは、12月の始めの日曜日には納車できるみたいです。

特にディーラーオプションやM Performance等はつけておらず、ボディーコーティングとリアガラスのスモークフィルムぐらい。

早く来い来いM2ちゃん。

わたしのBMW M2のVINコードを教えてもらいました。

ディーラーにBMW M2を発注してから約二ヶ月経ちました。納車時期はまだわかっていませんが、BMWの車体番号であるVINコードをディーラの担当者から教えてもらえました。

このVINコードから車体の製造年月日、型式、ハンドル取付位置、ボディーカラー、内装色等、たくさんの情報がわかります。

さて、わたしのBMW M2の情報をみてみましょう。

http://www.bimmer.work/
ここのサイトで車体番号の下7桁を入力して調べることができます。

M2_vin

Production Date(製造年月日)2017-09-16 になっています。

ということは、すでに生産が完了しているんですね。でも、この日付、実は微妙なところでして、日本で販売されているBMWはドイツのブレーマーハーフェン(BREMERHAVEN,GERMANY)から日本の千葉(CHIBA,JAPAN)まで船便で運ばれてくるのですが、その船便が約3~5週間に一度なんです。

M2_ship

で、直近の船の出発日を調べてみると、9/21,10/20,

って・・・・あれ?

10月頭ぐらいに船便(EUKOR)の出発予定を調べたときは、10月末に出向する船があったんですが、今見てみると、11/4,5に続けて2隻が出向するみたいですね・・・。そして、到着が12/13。そこから、積荷を降ろしてBMW整備センターで整備を行って、発注したディーラーに陸送されて、書類作成して車検を受けてとなると、・・・・・こりゃ、納車されるの来年になりそうですね。

年末の大掃除をしっかりおこなって、車を迎える準備しますか。

標準装備
M2_standard_equipment

追加装備
M2_options

ぼくのかんがえた、さいきょうのびーえむだぶりゅーえむつー。(BMW M2)

ディーラーにBMW M2を発注して1ヶ月経ちましたが、営業担当者から生産時期のお知らせもなく悶々と過ごしています。毎日悶々としててもしかたないので、購入したら装着したいパーツやグッズを妄想していきたいとおもいます。

  • コーティング
    水垢、紫外線対策として施工したい。超高価なガラスコーティングではなく、一般的なフッ素系を2,3年毎に施行していきたいとおもいます。
  • ボディーカバー
    仲林工業株式会社のカバー。
    車庫がないので、必然的に屋外保管になり、紫外線対策としてほしい。仲林工業のは裏面が起毛加工にできるので、ボディーに優しくてお気に入りです。
  • リアサイドウィンドウフィルム
    透明なリアウィンドウだと、車内が丸見えになるので透過率の低いフィルムを貼る予定。フロントウィンドウにも紫外線カットフィルムも貼りたいけど、納車時期が冬になりそうなので、夏場まではなしでもよいかな?と、思ってます。
  • フロントリップスポイラー
    M Performance製のカーボンフロント・スプリッターだと片側だけで8万円弱、両側全部だと16万ぐらいもするので、どうせなら社外のフロントリップスポイラーを装着したいな。AC SCHNITZERのカナードなしのリップスポイラーを候補としてあげてます。

  • レーシングリアウィング
    どでかいやつじゃなく、ちょっと抑えめなウィングをつけたい。サイズ的にはAC SCHNITZERなんだけど、やたらとロゴがついてて主張しすぎなので、3D Designにしようかなー。
  • その他 エアロパーツ
    M Performanceのブラック・キドニー・グリル、サイド・ギル ハイグロス・ブラック
    まぁ、この辺は定番として。車体の色は白なので、ピアノ調のブラックで全体を引き締めたいかな。

新しいクルマ、BMW M2を注文

去年(2016)の年末に新車で買った車を半年で売却して、新しいクルマ BMW M2 LCI(2017)を発注してしまった。

IMG_6005

最後の最後までMTかDCTにするか迷って迷って迷った。
実売価格で30万円弱の差があるだけでなく(MTの方が安い)、使い勝手や運転方法にも差異があるので悩みました。

BMW Group Tokyo Bay で試乗したM4のMTだと、クラッチが奥の方にあり、足の短いわたしではクラッチを切るために座席を随分と前にしなくてはいけなさそうだし、M2のDCTを計2回試乗した感じではMTにも劣らず運転の楽しさを感じれたので、発注はDCTにした。

ちょっと気になるのは、DCTにはクリープ現象がないので、停車した状態から、進むときにアクセルを踏みすぎないか心配。駐車場に止めるときに切り返したり、前方のスペースに余裕が無いときに踏みすぎて、ぶつからないように発進させるのに気を使いそうだ。

ほんとうはM2のMTを試乗して決めたかったんだけど、希少なMT車の試乗車がなくて断念。

今はyoutubeやチューニングパーツメーカーのサイトを眺めて、実車が納車されるのを楽しみに待つ日々を送っています。

予定では2017年の11月頃になるみたいなので、約三ヶ月プライベート用の車がない状態で週末を悶々と過ごしています。